1日2回にする理由|コンタックは1日2回でずっと効く

gsk

1日2回にする理由

用法どおりに飲まないと・・・ ― 1日2回にする理由

お薬は用法どおりに飲んではじめて効果を発揮します。なぜならお薬の成分と含まれている量がその用法に最適な形になっているからです。

逆に言うと用法どおりに飲まないと、「せっかく薬を飲んでいるのに症状が良くならない」、「その薬がうたっている効果が発揮されない」、というようなことになってしまいます。

用法(1日3回)どおりに風邪薬を飲んでいる人は約半数しかいません

1日3回の薬剤の服用回数

用法どおりに風邪薬を飲んでいる方は約半数に過ぎません。
1日3回のお薬を、実際に1日何回服用したかを尋ねたアンケート調査*では、1日3回服用していると答えた人は、51%に過ぎず、残り半数は1日2回か、1日1回しか飲んでいない事が浮き彫りになりました。このような服薬実態の低下の理由として、「忙しくて飲まなかった」「昼に飲む分を家に忘れてきてしまった」などが挙げられます。
この調査結果から忙しい方がいかにお薬を飲み忘れることが多いかが分かります。

*n=369, グラクソ・スミスクライン独自調査, 2007

お薬を飲み忘れると、実はこんなに困った事が・・・

  • 「忙しいのでついつい風邪薬を飲み忘れてしまい、午後の仕事に全然集中できなかった・・・」
  • 「夕方になって症状が悪化して、予定がめちゃくちゃ…」

コンタックなら1日2回ですぐれた効き目を実現!!

製品ラインナップはこちら

ポイントは持続時間 ― 1日2回にする理由

1日2回のコンタックなら、症状が悪化しやすい夜間や早朝まで効果が持続

血中濃度推移の違い(概念図)

一般に1日2回のお薬は1日3回に比べて、血中の濃度推移が安定しており、薬物の濃度を長時間にわたって効果がある範囲内に維持できます。
また、1日2回のお薬は血中濃度のピークレベルと最低レベルの差が小さいことから、より安全性が高まることが期待できます。
しかし、例えば1日3回のお薬を昼に服用できない、あるいは飲み忘れた場合、血中の濃度が低下して有効性を発揮できなくなってしまいます。
それに比べ、持続性の高い1日2回のコンタックであれば、昼の飲み忘れの心配もなく、かつ、症状の悪化しやすいといわれる夜間から早朝にかけても効果が持続します。

※1日3回のお薬もしっかり定められた回数を守って服用頂ければ、本来の効果を発揮します

コンタックならお昼に薬を飲めない忙しいあなたにもすぐれた効果を発揮します!!

製品ラインナップはこちら

コンタックは1日2回の専門家 ― 1日2回にする理由

TTP(Tiny Time Pill)テクノロジー で『1日2回でずっと効く』を実現

TTPテクノロジーの説明図 ※新コンタックかぜ総合/コンタック600プラス

「先に効く」速放性の粒(層)と、「後に効く」徐放性の粒(層)をバランスよく配合し、それぞれの働きにより、長時間にわたって有効成分が徐々に放出されます。そのため、朝・夕の1日2回の服用で、すぐれた効果を発揮し、早く効くだけでなく、安定して効き目が持続するのです。

TTPテクノロジーの説明図 ※コンタックせき止めST

コンタックは「風邪」「鼻炎・花粉」「咳・たん」の症状に対する「1日2回薬」をフルラインナップ!!

製品ラインナップはこちら