ビジネスパーソンの風邪に関する意識調査|コンタックは1日2回でずっと効く

gsk

コンタック総合研究所

プレスリリース

『ビジネスパーソンの風邪に関する意識調査』を発表

風邪1回あたりで仕事がはかどらないことによる
生産性の損失は約44,270円!

『ビジネスパーソンの風邪に関する意識調査』を発表

グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区、以下 GSK)は1日2回の総合かぜ薬「新コンタック®かぜ総合」の発売を機に開設したウェブサイト「 コンタック総合研究所*(http://contac.jp/soken/)」内で、「ビジネスパーソンの風邪に関する意識調査」を発表しました。この調査は、8月に全国の20~39歳の仕事を持つ男女208人を対象にインターネットで実施したものです。

*コンタック総合研究所:現代人のかぜについての意識を分析・解説するウェブサイトの調査機関

主な調査結果

通勤途中や職場で風邪をうつされやすい。
ビジネスパーソンの4人に3人が職場で、続いて約半数が交通機関で風邪をうつされると答えています。職場や通勤で人と接する機会の多いビジネスパーソンにとって、風邪は常に身近にある存在であることがうかがえます。
風邪のダメージは侮れない。体力、気力を失くし、仕事がはかどらないことによる生産性の損失は、風邪1回あたりおよそ5日で約44,270円。
ビジネスパーソンの約8割が風邪をひいて、体力または気力を失うと思うことが明らかになりました。次に時間(31.7%)、お金(25.5%)を挙げています。現実的に風邪がビジネスパーソンに与えるダメージは侮れず、一度風邪をひくと治るまでに平均で約5.4日かかり、その間に仕事がはかどらないことによる生産性の損失を仮に金額すれば平均44,270円程度(1日あたり約8,200円)と認識していることが浮き彫りになりました。
約7割が風邪をひいても仕事を休みづらい。最大の理由は、代わりに仕事をしてくれる人がいない。
ビジネスパーソンの約7割は風邪をひいたときに仕事を休みづらいと思っています。その最大の理由は「代わりに仕事をしてくれる人がいない」、次に「重要な予定がある」ことを挙げています。一方で、風邪が長引く理由は、睡眠不足(75.5%)、体力の衰え(62.5%)、日ごろのストレス(51.4%)等を挙げています。このようなことから、ビジネスパーソンは、風邪を早く治すためには休養が必要だと十分に認識していながらも、仕事に対する使命感や責任感を持ち、体調が万全でないときも仕事をしなければならない意識が読み取れます。
約半数が昼に風邪薬を飲まないことがある。
ビジネスパーソンは、日中仕事に集中しているときは自分の体調管理を後回しにする傾向があり、回答者の約半数が風邪をひいたときに、市販の風邪薬を昼に飲まないことがあると答え、その理由として約4割が飲み忘れを挙げています。一方、ビジネスパーソンの約3人に1人が、普段昼食をとる時間は一定ではないと答えています。このようなことから、飲み忘れの原因は、不規則な時間に昼食をとっていることも影響しているのではないかと思われます。
風邪をひくとコンビニやタクシーを使って楽チンしたい!
ビジネスパーソンの約半数が風邪をひいたときに、テイクアウト食品やコンビニ弁当を利用したいと回答しています。次に4割近くが、歩くことのできる距離でもタクシーを使いたいと思っています。さらに、「症状がひどい時は電車の優先座席、市販薬のデリバリーや飲料デリバリーがほしい。買いに出るのがつらい。」(20代女性)といった意見もありました。こうした傾向から、ビジネスパーソンは風邪の症状が辛いときには、お金を払っても楽チンできるサービスを利用したいと望んでいることが分かります。
「新コンタック®かぜ総合」は、1日2回でずっと効く楽チン!タイプで、忙しいあなたをサポートします!
写真-新コンタックかぜ総合
風邪の症状をいち早く改善したいのに風邪をひいても簡単に休めない忙しいビジネスパーソンを応援するため、総合感冒薬「新コンタック®かぜ総合」は、かぜの諸症状を総合的に緩和します。
1日2回の服用だから、日中の飲み忘れの心配がなく楽チン!です。さらに、「新コンタック®かぜ総合」は、眠気の起りにくい成分と持続性に優れた効果で、忙しいビジネスパーソンを辛い風邪の症状から守り、一時的に生産性が落ちることがないよう、ワーキングスタイルの維持をサポートします。

ご参考

※調査結果の詳細はコンタック総合研究所(http://contac.jp/soken/)でご覧になれます。

調査結果

調査結果

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer

グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。

製品概要

製品名

新コンタックかぜ総合

効能

かぜの諸症状(発熱、のどの痛み、せき、鼻みず、鼻づまり、たん、くしゃみ、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

成分

4カプセル(成人1日量)中に次の成分を含んでいます。

成分 含量 作用
アセトアミノフェン 900mg 熱を下げ、のどの痛み、頭痛、関節の痛みをやわらげます。
無水カフェイン 75mg かぜによる頭痛をやわらげます。
臭化水素酸デキストロメトルファン 48mg せき中枢に直接作用し、せきをしずめます(麻薬ではありませんから習慣性がありません)。
dl-塩酸メチルエフェドリン 40mg 気管支のけいれんをしずめてせきを抑え、気管支をひろげて呼吸を楽にします。
塩酸ブロムヘキシン 8mg せきの原因となるたんを出しやすくします。
d-マレイン酸クロルフェニラミン 3.5mg 鼻みず、鼻づまり、くしゃみをやわらげます。

添加物:無水ケイ酸、D-マンニトール、ヒドロキシプロピルセルロース、タルク、アミノアルキルメタクリレートコポリマーRS、ステアリルアルコール、ソルビタン脂肪酸エステル、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mg、黄色5号、酸化チタン、ラウリル硫酸Na、ゼラチン

用法・用量

下記の1回量を朝夕食後なるべく30分以内に水又はお湯と一緒に服用してください。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2カプセル 2回(朝・夕)
7歳以上15歳未満 1カプセル 2回(朝・夕)
7歳未満 服用しないこと

剤形

白色不透明と無色透明の硬カプセル剤です。内容物は白色及びだいだい色の混合顆粒です。

包装・価格

包装 12カプセル(3日分) 24カプセル(6日分)
メーカー希望小売価格(税別) 1,650円 2,200円

調査結果を見る